ミニアチュール・神戸展vol.17 「わたしのかふか」

神戸、ハンター坂沿いにあるギャラリー島田にて開催される

展覧会に参加します。

———————————————————————

 

 

会場:ギャラリー島田

〒650-0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F

TEL/FAX 078-262-8058

会期:2017年7月22日(土)~8月2日(水)

会場時間:12:00~19:00 ※火曜日18:00、最終日16:00まで

交流会 7月22日(土)17:00

———————————————————————

毎年夏恒例のギャラリー島田でのミニアチュール展です。152名の作家達が

新作を一点出品する展示で、今年のテーマは「わたしのかふか」です。かふか

というとまず作家のフランツ・カフカが浮かびますが、必ずしもカフカに拘る必要は

ない様です。平仮名にしてある理由がそれで、私もカフカとほぼ関係ない

「わたしのかふか」を出品予定です。

毎年参加させて頂いているのですが、年々地元神戸で展示できることの喜びが強く

なっております。神戸にお越しの際には是非ご高覧下さい。

〜Requiem de synesthésie〜終了致しました

先ほど大阪にあります乙画廊にて開催されていた、渡邊光也氏との

二人展〜Requiem de synesthésie〜 が無事終了致しました。

ご来廊頂いたお客様並びに画廊主の渡辺様にこの場をお借りして

お礼申し上げます。

今回自分にとって二人展という形式は初めてだったので、どんな展示に

なるか想像できなかったのですが、いざ始まったら意外にも賑やかな

展示になり自分の在廊回数も更新しました。

また今回展示された作品は乙画廊のネット販売にも掲載して頂けるという

ことで、まだ詳細などは分からないのですが後日発表できればと思って

おります。それでは次回の展示に向けてまた制作の日々に戻ります。

ありがとうございました。

DSC04610

岸塚正憲&渡邊光也展開催中です

現在大阪の乙画廊にて、岸塚正憲&渡邊光也展

〜Requiem de synesthésie〜 が開催中です。

最終日が6/3となっておりますので、お時間ありましたら是非

お越し下さい。

それと、本日から東京初台にある画廊珈琲Zaroffにて

愚者がテーマの「阿呆の王―馬鹿について」が始まりました。

そちらの方もよろしくお願い致します。

阿呆の王―馬鹿について

I exhibit it on another exhibit. “Ah, fool” is the theme exhibition.

東京でもう一つ展示があるので告知致します。


会場:画廊珈琲ザロフ
http://www.house-of-zaroff.com/…/galler…/20160505/index.html

〒151-0061 東京都渋谷区初台1-11-9五差路
TEL:03-6322-9032

会期:2017年6月1日(木)~6月13日(火)
6月7日(水)休廊

会場時間:12:30~20:00  最終日17:00まで

【出展作家】 浅野信二 伊豫田晃一 岸塚正憲 木村龍 ぐるぐる

高田美苗 野口由里子 林由紀子 マンタム 山城有未

愚行を演ずる人は多かれ少なかれやはり馬鹿である。

(「馬鹿について」/ホルスト・ガイヤー満田久敏、泰井俊三共訳)


愚者、道化、風刺など古今東西の阿呆をテーマにした企画展です。私は新しい

阿呆一つ晒す予定です。

昔の小馬鹿も一つ出せたらと思っております。

是非ご高覧下さい。

岸塚正憲&渡邊光也展〜Requiem de synesthésie〜

We will have a two person exhibition with Mr. Mitsuya Watanabe

of a pencil painter.

大阪、西天満にあります乙画廊にて二人展に参加します。


会場:乙画廊

http://oto-gallery.jpn.org/site/OTO%20top%20page.html

〒530-0047
大阪市西天満2-8-1 大江ビルヂング101
TAL&FAX 06-6311-3322
b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp

会期:2017年5月26日(金)〜6月3日(土)日曜定休

会場時間:11:00~18:00(最終日は17:00まで)


関西では初出品となる渡邊光也氏との二人展です。

Requiem de Synesthésie…仏語で「共感覚のレクイエム」という展示名の下、

相手が考えた作品名から気に入ったものをお互い2点ずつ選び、その4点を

共有タイトルにして競い合うという変わった内容になっております。

私、岸塚は「自由への報復」と「歪曲の美学」を選び、渡邊氏は「防衛機制劇」と

「清く正しく問いかけず」を選びました。今回はその新作4点と旧作を合わせて

10~15点程出品予定です。

二人展という形式では初めてなので少し緊張しますが、自分にとっても刺激的な

展示になりそうです。是非ご高覧下さい。

キューブアート@神宮道 2017の後期展示終了致しました

先ほど京都のアートギャラリー博宝堂で開催されていた、キューブアート@神宮道 2017の

後期展示が無事終了致しました。お忙しい中お越し頂いたお客様にこの場をお借りしてお礼

申し上げます。ありがとうございました。

それで展示風景の写真を撮りたかったのですが、ちょうど隣にある京都市美術館で「京展」が

開催中なので、そっちに行ってじっくり見ていたら写真撮るのを忘れてそのまま搬出してしまい

ました。結局自宅に戻って自作のみ雑に撮ったのですが、どうかこれでご容赦下さい。