阿呆の王―馬鹿について

I exhibit it on another exhibit. “Ah, fool” is the theme exhibition.

東京でもう一つ展示があるので告知致します。


会場:画廊珈琲ザロフ
http://www.house-of-zaroff.com/…/galler…/20160505/index.html

〒151-0061 東京都渋谷区初台1-11-9五差路
TEL:03-6322-9032

会期:2017年6月1日(木)~6月13日(火)
6月7日(水)休廊

会場時間:12:30~20:00  最終日17:00まで

【出展作家】 浅野信二 伊豫田晃一 岸塚正憲 木村龍 ぐるぐる

高田美苗 野口由里子 林由紀子 マンタム 山城有未

愚行を演ずる人は多かれ少なかれやはり馬鹿である。

(「馬鹿について」/ホルスト・ガイヤー満田久敏、泰井俊三共訳)


愚者、道化、風刺など古今東西の阿呆をテーマにした企画展です。私は新しい

阿呆一つ晒す予定です。

昔の小馬鹿も一つ出せたらと思っております。

是非ご高覧下さい。

岸塚正憲&渡邊光也展〜Requiem de synesthésie〜

We will have a two person exhibition with Mr. Mitsuya Watanabe

of a pencil painter.

大阪、西天満にあります乙画廊にて二人展に参加します。


会場:乙画廊

http://oto-gallery.jpn.org/site/OTO%20top%20page.html

〒530-0047
大阪市西天満2-8-1 大江ビルヂング101
TAL&FAX 06-6311-3322
b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp

会期:2017年5月26日(金)〜6月3日(土)日曜定休

会場時間:11:00~18:00(最終日は17:00まで)


関西では初出品となる渡邊光也氏との二人展です。

Requiem de Synesthésie…仏語で「共感覚のレクイエム」という展示名の下、

相手が考えた作品名から気に入ったものをお互い2点ずつ選び、その4点を

共有タイトルにして競い合うという変わった内容になっております。

私、岸塚は「自由への報復」と「歪曲の美学」を選び、渡邊氏は「防衛機制劇」と

「清く正しく問いかけず」を選びました。今回はその新作4点と旧作を合わせて

10~15点程出品予定です。

二人展という形式では初めてなので少し緊張しますが、自分にとっても刺激的な

展示になりそうです。是非ご高覧下さい。

078kobe

先日、今月下旬から始まる展示の準備のための雑用とDM配りで三宮を歩いていた

のですが、連休中だからか至る所で催しが行われていました。その中で「078kobe」

という無料の小さな野外フェスがあったので覗いてみると、sex pistolsの元bassの

Glen Matlockが演奏してました。何故!?としばらく見ていましたが神戸のガールズ

バンドのプロデュースの縁で出演したとかなんとか。その後は、ZIGGYという日本の

ロックバンドが演奏しておりよく知らなかったのですが、予想外に盛り上がって

しまいました。篭り続きの日々で忘れてましたが、お祭りって楽しいですね。

インコウベ2017

家族が地元三宮で開催中の「インコウベ」という、鳥イベントに行ってきました。

これはその戦利品です。全てインコの香りがするという、ふりかけのインコ飯のもと、

インコ(ク)サイダー、オカメインコアイス…紙袋は手書きによる稀なもので

当たりだそうです。さんちかホールで5/9までやっているそうです。