ラオ博士の7つの顔

年末の大掃除中に部屋から見ていない映画のDVDが、大量に

発掘されました。その中の一つが、これです。

今から5、6年前でしょうか。カルト映画を専門販売していたお店で

何とはなしに購入したものの、ちょうどその時分映画熱が冷めて

きたので放置していたのでした。裏面を見ると、どうやら1963年公開

のアメリカ映画で「タイムマシン」の監督、ジョージ・パルが製作しており

日本未公開。SFファンタジーという程、SF要素はあまり感じられず

童話的なお伽話といったやさしい内容でおもしろかったです。ラオ博士

(作中の発音はロオ)やその周囲では水のない川で魚が釣れたり、

観客からは呆れられるけど種も仕掛けもない魔法を使う魔術師や、

牧羊神パーンが隠れた本心に気づかない女教師に対して行う、妙に

エロティックな求愛ダンスシーン(少し長い)、小さなナマズがたくさん

首の生えた巨大な龍に変化したり、不思議な出来事が最初から

最後まで続きます。あまり考えず気楽に楽しんだ方が良い娯楽映画

といえます。ところでラオ博士は7つの顔を持っているといっても、

パッケージでは6つの顔しかないのですが(いないのは牧羊神

パーン?)何故なのでしょうか。それに真ん中の人物は何の変装

だったっけ?とぼんやり考えていたら、大掃除が途中だったことを

思い出しました。

広告
この投稿のカテゴリー: 映画