黒の時祷書

東京、初台にあります画廊珈琲ザロフにて開催されるグループ展に

参加します。

  

会場:画廊珈琲ザロフ

http://www.house-of-zaroff.com/index.html

〒151-0061 東京都渋谷区初台1-11-9五差路

TEL:03-6322-9032

会期:2013年11月21日(木)~12月03日(火) 27日(水)休廊

会場時間:12:00~20:00  最終日18:00まで

出品作家:浅野信二 大森伸樹 岸塚正憲 古賀郁 菅野まり子

田中章滋 ポオ エ ヤヨ

『黒の時祷書』とは、聖性をめぐる秘めやかな夜の頌歌なれども、
神なき時代の画家が必ずしも聖書を誦さずとも、魂の救いや、
祷りが絵画に表される時、それは宗旨の如何を問わず、無条件に
沈黙の歌とならんや。
さあれ、中世装飾写本の常套句、7人の「Obsecro te/O intemerata」
(汝 せつに願わん/おお、清き者よ)をご覧じろう。

              ・・・

恐らく今年最後の展示参加となります。時祷書をテーマとした小品展で、

私は2点出品予定です。是非ご高覧下さい。

※21日に在廊することになりました。その日、お近くへお越しの際は

よろしくお願い致します。

大阪での一日

今日はギャラリーベルンアートで始まった物語の表現展を見るために、

大阪に行って来ました。その前にもう一つ、大阪・中之島GATE地区の

安治川水面で開催されている、「Rubber Duck Project 2013」

(通称:あひるちゃん)も見て来ました。

近くで見ると凄い迫力です。

あひるちゃんのちょうど前方には絶滅危惧種の動物たちのオブジェが

並んでいました。三枚目の画像は裏から撮ったものです。

DSC02296

入り口にあったものですが、これは何でしょうか。

中之島の西の端まで割と歩いて疲れましたが、あひるちゃんを見つけたら

疲れも吹き飛びました。

なんだかあひるちゃんのことばかり書きましたが、物語の表現展も大変

素晴らしい展示でした。最終日は26日(土)までとなっております。

物語の表現展

お世話になっているギャラリーベルンアート様よりDMを

頂きましたのでご紹介します。

会場:ギャラリーベルンアート

〒530-0047

大阪市北区西天満4-2-4(美術ビル2F)

TEL:06-6361-5507

会期:2013年10月17日(木)~10月26日(土)

会場時間:12:00~19:00 日曜、月曜休廊

熟練の作家達による、2年ぶり今回8回目の展示で

全24点出品だそうです。

林千絵展

先日ギャラリー歩歩琳堂様にお邪魔した時に、展示のDMを頂きましたので

ご紹介します。

会場:ギャラリー歩歩琳堂

〒650-0022

神戸市中央区本町通1-10-11元町エビスビル3F

TEL:078-321-1154

会期:2013年10月19日(土)~10月25日(金)

12:00~19:00 水曜日定休 最終日17:00まで

林氏とは「トンドの夢想家達展」でご一緒させて頂きましたが

その時の、作品から滲み出る得体の知れない仄暗さと申しましょうか、

寂寥とした心象風景が心を捉えて離しませんでした。

全室使った展示になるそうです。