Cinématographe

1895年、ルイとオーギュストのリュミエール兄弟は、カメラと映写機を

合わせた機械を発明したそれを[シネマトグラフ]と名づけ、1900年の

パリ万博にて動く写真、今日の映画の原型を公開しました。

大阪にあるミニシアター、planet+1で上映された映画を観ました。

今日は映画が誕生した記念すべき日だそうで、ここでは毎年12月28日に

このプログラムを流すのが恒例になっています。

数分程度の短編が続けざま計20分程、記録映像の様な淡々としたものが

主でしたが、中にははっきり演出と分かるものもあり映画はここから

はじまったのだと改めて痛感しました。それが終わると、次は同時期に

エジソンが発明したキネトスコープによる短編作品、最後にエジソンの部下

で、後に米映画の始祖と呼ばれることになるデビッド・W・グリフィスの

「鷲の巣からの脱出」、「ドリーの冒険」も上映されました。個人的に

「鷲の巣からの脱出」の鷲が作り物で、特撮の原点をもかいま見た様で

興味深かったです。作品の合間合間に館長が時代背景等の説明をして

くれて、映像の歴史も学べた上映会でした。

リュミエール作品を観た帰り途、ふと自分もパリに行ったことを想いました。

・・・。

DSC00627

DSC00628

あのバスティーユに辿り着いた月との乾杯も、最早過去の事でしかなく

シネマトグラフ同様、写真の中でしか再現することはできないので

ありました。

・・・。

広告
この投稿のカテゴリー: 映画